フーコム開業セミナー/インタビュー第四弾

Fu-com開業セミナー講師へのインタビュー!第四弾!!


O「怪俗Oです!皆様お待たせしました!第四回目の風俗成功者へのインタビュー!
今日はももいろプロジェクトのS氏に来てもらいました!」

講師紹介


ももいろプロジェクト 
S氏


様々な経験を経て、お姉さま系とオナクラ店のホテヘルで様々な地域展開をしているグループ店の社長。
非常に穏やかな表情で、確かなビジョンとスタッフへの心使いで社員からの人望も厚く
誰からも慕われる印象を持った方です。


怪俗O(以下O)「今回はももいろプロジェクトのS氏にインタビューをしたいと思います!Sさんよろしくお願いします!」

ももいろプロジェクトS氏(以下S)「ももいろプロジェクトのSです!よろしくお願いします!」

O「まずは風俗の業界で働き始めた経緯と前職を教えてださい。」

S「ホームレスからの前職は飲食店勤務でした。
年功序列に不満もあり、収入アップの為、心のパンツを脱ぎ転職しました。
その後、大手グループ店の店長と役員となり経営陣をトータル18年程経験させて頂き、大手グループ店退社後、独立開業しました。」

O「お店のコンセプトとエリアを決めた経緯を教えてください。」

S「お店のコンセプトは20代前半~20代後半までの清楚なお姉さま系中心のホテル型ヘルス店となります。
エリアは法改正前から、錦糸町で業態を変えながら営業を約20年近く行っていましたので、
原点を忘れない意味でも、錦糸町から総武線沿線の千葉船橋そして京浜東北線の蒲田と展開しております。
おかげさまで各地域ヘルス店とオナクラ店の2ブランドで年中無休で営業しております。」

O「オープン直前、直後で苦労した点を教えてください。」

S「オープン直前は3ヶ月ほど前より、広告宣伝とくに求人媒体を中心に準備し、オープン初日から黒字でした。
むしろ、オープン後から3ヶ月以内に初めてのお客様がリピーターとして再来店して頂くことを意識していたので
毎日業務改善をし、私自身が欲する女性をお客様にお薦めし、その反応が薄い地域では見る目が間違っていたのかなと不安感との戦いでした。」

O「そうですか。手ごたえを感じたのはいつころですか?」

S「手ごたえとしては、初日より、お客様のお問い合わせや女性求人募集の面接が順調でしたので、
あまり心配はしていませんでしたが、むしろオープン後3ヶ月以内にご新規さまとリピーターさまの割合が理想値に近づいたときでしょうか。
3ヶ月目で理想値が見えてくると、それからの3ヶ月は、よりお客様目線での考えた営業に磨きをかけて安定した
お店作りに力を入れるパターンが私のやり方です。」

O「では損益分岐を迎えたタイミングを教えてください。」

S「損益分岐点としてはオープンするにあたり、各地域によって変わりますが、半年くらいが目安でしょうか。
景気の問題はさほど関係なく、働いている男性スタッフとの信頼関係が出来上がっているのなら、
もっと早い時期にお店は立ち上がるはずです。」

O「なるほどですね!では具体的な質問に移りたいと思います。女の子の求人の方法を教えてください。」

S「女の子は求人媒体が中心ですが、既存店からの移籍や女の子からのお友だち紹介などです。」

O「では集客方法はどうしてますか?」

S「集客方法は営業サイトとお客様のお友だち紹介、私たちグループは来店受付型のホテヘルとなりますので
飛び込みのお客様もいらっしゃいます。」

O「ちなみに女の子に保証は払ってますか?」

S「保証は面接採用者全員に払った方が良いと思います。
働く女の子の安心感やモチベーションにつながるはずですので。
しかし、はじめのうちは広告予算も厳しいので男性スタッフの労働、労力で埋めていくことが過去の経験上、必要かと思います。
ですので、面接採用は一定の基準をクリアされている女性となります。」

O「求人と集客どちらに力を入れてますか?」

S「女の子と集客については来店して下さるお客さまが選んで頂けるように営業時間内は出勤に力をいれています。
集客も女の子が選べない状況ですと、お客さま目線での営業方針ができません。」

O「オープン当初の工夫したことなどを教えてください」

S「オープン当初は出勤も不安定ですし、エリアのお客さまの好む女性のリサーチも必要ですので、
出店時には他店さまを参考にさせて頂いております。
工夫と言いましても、イベントや割引等のお得感を出して泥臭く、媒体更新などの「継続する」というルーティンが大切だと思いますので、
悪循環となる女の子の採用は避けまして、在籍している女の子には指名を獲る為の指導を怠ることなく、
女の子自身の意識も男性スタッフ同様に忙しいお店を作るといった方向に目を向けることが必要かと思います。」

O「では、今でも注意してる点、モットーなどあれば教えてください」

S「当グループは全地域、お客さま目線でのお店作りを心がけることをスローガンにしておりますので、
働く男性スタッフには「よく遊びなさい!」と口酸っぱく言っております。
遊ぶとは日常の中で、きれいなものやかわいいものの判断基準をあげるためにも、映画や美術館など
趣味の幅を広げ、見識をもっと深く深める意味です。
お客さまの意見を取り入れつつも、それ以上のトータル的に見た付加価値の追求を全社員行い、お客さまに感動と「すごい!」の一言を頂くことを心がけております。」
「営業する地域や、お店自体の魅力も左右されますが、お客さまの集客費用と女の子の求人費用をかけ、資本金が尽きる前に好循環のスパイラルに入れる為に、
目指すものの大きさと比例した産みの苦しみがあるのが現実で、理想と現実のギャップを埋めることが問題点です。」

O「女の子の接し方(お客様がつかなかった時等)で気を付けてる点等ありますか?」

S「女の子のお茶等の対処法としましては、やはりコミュニケーションを図ることです。
きちんと向き合い会話をするということです。しゃべることはあまり重要でなく、会話の中で男性スタッフが歩み寄り、お店が今何をどのように努力しているのかということを伝えます。
がんばること自体にあまり意味はなく、考えたり、言ったりすることよりも何をしたかが重要ですので、男性スタッフの仕事への取り組む姿勢が成功への明暗を分けます。
男性スタッフの在りようは私の考えであり、過去の経験や体験からくる生きた哲学を浸透させることにより、成功すると信じております。」

O「今後の展望を教えて頂けますか?」

S「今後の展開に付きましては、土台の出来ている既存店の女の子の質やサービスをコンセプト店とし、付加価値を付けた時代のニーズに合わせ、良い意味でブレるお店 
具体的ではありませんが、今のエリアから応援できる範囲の地域への出店と異業種への着手を検討しております。」

O「では最後にこれからデリヘル開業する形方達へアドバイスをお願いします!」

S「アドバイスとしましては、外側からの見た目と経営する内側からの見た目にはかなりギャップがあります。
やり方によっては数字の結果が目に見えるので、頑張った分だけ数字として反映されるやりがいのある業界ですが、ほかのビジネス同様に成功させるには苦楽をともに一緒に居られる仲間、
また欲が無ければ成幸しないので、「好きこそ物の上手なれ」楽しさが無ければ継続は不可能です。
一期一会の人付き合いですから、大切なのは効率化よりも、ひと手間もふた手間もかける相手を想う思いやり、気遣いのできる人間を磨くことにより、
お互い支え、支え合える信頼関係が成功への秘訣だと思います。
また、デリヘル開業するのは難しくはありませんが、経験の無い方は一度、郷に入ると言いますか、修行をしてたくさん失敗をさせて頂き、
独立開業するかどうかの判断をしてからの開業をお薦めいたします。
独立してからは失敗は出来ませんので…。常に固定概念や常識に囚われない、客観的に俯瞰的な視座を持って、ぜひ一緒にこの風俗業界を盛り上げていきましょう!!」


O「そうですね!ぜひこの業界を盛り上げて頂きたいです!Sさん本日はお忙しい中ありがとうございました!」

S「ありがとうごいざました!」

foxy
フープッシュマガジン開業セミナーフーコマンデリヘル開業ブログLINE問い合わせはじめました物件版ブログ松本先生インタビューマイナンバーについてカクブツインタビューアソビーノ