フーコム開業セミナー/インタビュー第三弾

Fu-com開業セミナー講師へのインタビュー!第三弾!!


怪俗O「さてさて!大好評の風俗成功者へのインタビュー!第三弾!
前回は秋葉原コスプレ学園グループのK氏にインタビューさせて頂きました!
今回は・・・川越ラブリップのT氏です!!」



講師紹介

川越ラブリップ
T氏

地方含め、複数店舗展開をしているT氏。
徹底的に調べ上げるマーケティングの分析。
ユーザーを飽きさせない発想。形にするレスポンス。
ライバル店の情報収集。これから開業する人達には
是非参考にして欲しい方です。




川越ラブリップT氏(以下T)「川越ラブリップのTです!」

O「よろしくお願いします!」

T「よろしくお願いします!」

O「まずはデリヘル始めた経緯から教えて下さい!」

T[女の子が好きだから!これに尽きます!元々10代の頃にキャバクラで店長やったりしてたんですが、
それを経て色んな仕事をしてお金も溜まったし、「なにかやるか!」って思って始めましたね!」

O「女好き・・・確かにデリヘルやるのに大事な事です!何年位前で開業資金はいくらだったんですか?」

T「7年位前(現在21014年4月)ですかねぇ・・・開業資金は3000万位ですかね~」

O「当時始めたお店のコンセプトは?」

T「学園系ですね。ある有名店のコンセプトを真似ましたね。」

O「当時、苦労した点って何ですか?」

T「知り合いに紹介してもらった代理店がちょっと困った人で・・・ホームページがすぐ表示されなくなったり、
オープン日になっても広告が載ってなかったり、ID・PASSがこなかったり・・・
もう女の子も集めて、保証も払ってるのに・・・って感じでスタートが完全にコケてしまいました。」

O「それは確かに酷いですね・・・」

T「それから色んな経緯があって地方のお店と合同でやるようになりましたね。」

O「そうですか。それでは女の子集めはどのようにしてますか?」

T「最近はSNSもやってますね。求人広告はお店の評判が上がってないと反響はでませんね。
流行ってないお店に女の子は来ないですよ。女の子も色々評判は調べますから。」

O「では集客方法はなにか注意してる点はありますか?」

T「料金体系を競合他社に合わせる。もしくは下げる。電話の鳴りによってイベント内容も変える。イベント内容もユーザーを
飽きさせないようにする。この辺の営業努力は他店に負けないですね。」

O「基本的なことかもしれませんが非常に大事な事ですね。開業する方に良く聞かれる質問をいくつかしたいと思います。
オープン当初は集客、求人どちらに力入れますか?

T「集客ですね。始めはさっきも言った様に、なかなか女の子は集まりませんから。それであれば、とにかく電話鳴らすように
して、女の子は保証で繋ぎとめます。当然始めは保証割ると思いますが、それも必要経費として始めに組むべきです。」

O「やはり最初の開業資金が重要ですね」

T「たまに地方でもあるんですが、もし完全に自分について来てくれる女の子が2,3人いるんであれば、
400~500万円位でもできると思います。電話が鳴るようになるまでそれでやってけばいいですから。
それができるんであれば一番簡単なんでしょうね。」

O「なるほど・・・」

T「事業計画をしっかり練る事が重要ですよね。アバウトでは絶対にうまくいかないです。
あとは女の子としっかり関係性を作って管理できる器量がないとだめですね。
当然、女の子も人間なんでそれができない人はやるべきではないですね。」

O「オープン当初の「電話が鳴ると女の子がいない。女の子がいると電話が鳴らない」
こんな場合がよくあるんですが、どう乗り切りますか?」

T「新店に限らずこれは永遠のテーマですね(笑)ただ新店の場合は特に深刻ですね。
まずさっきも言ったように女の子としっかり関係を作って辞めない様にする。
女の子に「がんばってるアピール」はよくしてましたね(笑)
あとは周りの店舗と協力してお客様を振り合ったり、女の子貸しあったりするのが1番じゃ
ないですかね?」

O「そのような話って、実際お店として受けてくれるものなんですか?」

T[お店によってでしょうけど受けてくれますよ。人脈などを作ったり人の紹介などで
行けばいいんじゃないでしょうかね?人脈作ったりって、この業種に限らずどの業種も
共通じゃないですか?」

O「そうですね。」

T「一昔前ならまだしも、今やるならそれこそ寝る暇なてんてない位働かなければだめですよ。」

O「では、質問変えまして、もしTさんが新たにお店を作るとしたらどんな店を作りますか?」

T「ユーザーにプレイ後アンケートを細かくとって、それをHPに上げて公開したりするの
やってみたいですね。ユーザーの意見をお店に反映させれるような「ユーザーが作る」
コンセプトのお店「デリヘルツクール」みたいな感じですね」

O「新店の方達にアドバイスを頂けますか?」

T「事業計画、マーケティング調査。これらをしっかりやる。例えばコンビニ出店するにしたって
この辺は同じですし、これはしっかりやらないとだめです。何か強みがあれば・・・例えば女の子の
仕入れは絶対の自信があるとかってあればいいですけどね。」

O「やはりデリヘルも他業種の開業と同じく通常のステップを踏まなければいけないってことですね。」

T「そうですね。「デリヘルだから」って簡単な訳ではないですから。」

O「では最後にデリヘルを運営していく「コツ」は一言で言うと何でしょうか?」

T「やる気とがむしゃら!これに尽きますよね。実際に僕のお店も店長のやる気次第で売り上げがガラッと
変わりますから。もうプライドも捨ててとにかくがむしゃらにやる!」

O「やはりこの部分どの業種でも大事なことですね!ありがとうございます。非常に参考になりました!」



講師

川越ラブリップ T氏

インタビュアー

■怪俗O

※本インタビューは講師のインタビューを元に記事を書き起こした物です。
※記事内容のコピー無断転載を禁じます。
※講師への直接のご連絡、お問い合わせはご遠慮下さい。

foxy
フープッシュマガジン開業セミナーフーコマンデリヘル開業ブログLINE問い合わせはじめました物件版ブログ松本先生インタビューマイナンバーについてカクブツインタビューアソビーノ